攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER

  • JP
  • EN
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • 原 作 士郎 正宗
  • クリエイティブディレクター 浅井 宣通
  • 構 成 藤咲 淳一
  • キャラクターデザイン 黄瀬 和哉
  • 企 画 プロダクションI.G
  • 監 督 東 弘明

あなたは、体感する。あなたではない、誰かになることを。 従来のVRをはるかに凌駕するVR2.0。新時代のテクノロジーで、あの電脳空間が、今、現実のものに。『攻殻機動隊』の世界に“電脳ハック”したあなたは、未知の感覚を、体感することになる。

VR TEASER

PROLOGUE

もはや「攻殻機動隊」は、SFではない。
義体化・電脳化の恩恵を受ける人類と、意志(ゴースト)を持った
アンドロイドが共生するパラレルワールド、『攻殻機動隊』。

そんな『攻殻機動隊』の世界が、現実のものになりつつある。

インターネットやスマートフォンの普及、人工知能(AI)・ロボットの実用化、
3Dプリンターによる人工頭蓋骨の生成、人工皮膚・腎臓・DNAの研究開発…。

かつてはSFの世界の出来事だったことが、
現代の科学技術によって次々と実現される今、
世の中は “サイバーパンク元年”を迎えていると言えます。

サイバーパンクとは、人体や意識が電子的・生物的に拡張され、
人々が大規模ネットワークに接続される近未来を舞台にした、SFジャンルの一つ。

日本を代表するサイバーパンクSF『攻殻機動隊』は、そんな時代に生きる私たちに、
たくさんの警鐘、そして、福音を鳴らしています。

例えば、作中でも描かれる義体化・電脳化技術は、
「人と、“人でないもの”の境を、不明瞭なものにする」として
今、人類が築き上げた倫理観・宗教観・常識を揺るがし、
世界中で様々な議論が巻き起こるまでになっている。

「ヒトの存在とは、何なのか?」
「魂の存在とは、何なのか?」
「科学技術は、今後、人類をどう変えるのか?」

『攻殻機動隊』が、ただのファンタジーとして片付けられなくなった今、
この作品は、未来を知るための “預言書”と言えるかもしれません。

Creative Director
浅井宣通

ABOUT VIRTUAL REALITY

Virtual Reality 2.0時代、到来。
コンピュータグラフィックスや音響効果によって“仮想現実”をつくりだす、
バーチャル・リアリティ(VR)。

1968年にアメリカの科学者、アイバン・サザランド博士によって提唱されたその概念に、
40年の時を経て、私たちはようやく追いつきました。

今年、世界中で多種多様なVRデバイスがリリースされ、バーチャル・リアリティの波が
世界中に広がる中、本プロジェクトは最先端の「VRドーム」「VRデバイス」を駆使し、
従来のVRとは一線を画す仮想空間を、“電脳内”に再現。

VRが高度に発展・普及する『攻殻機動隊』の世界を
この世界の最新VRによって体感するという、新体験の創造に挑戦します。

参加者はこの仮想空間において、これまでにない、未知の感覚に襲われるでしょう。

その目と、脳幹で、新しいバーチャル・リアリティ、VR2.0を体感してください。

STORY

汚れなき世界へ HOLY GROUND
「戦争を終わらせ、妻を守るため、お前たちを消す…」

舞台は、科学技術が急速な発展を遂げた2029年、日本。
脳神経をあらゆる情報ネットワークに直接接続できる“電脳化技術”や、
義手・義足のように体の一部をアンドロイド化する“義体化技術”が普及する世界で、
日本政府に一通の爆破予告が届く。

標的となったのは、クザン共和国の要人を招いて開催される国際会議。
その対応は、内務省直属の独立部隊「公安9課」、通称『攻殻機動隊』に一任された。

公安9課の実質的リーダーであり、生まれながらにして、全身義体の草薙素子は、
9課のメンバーを率いてテロリストを排除すべく、潜伏先へと向かう…。

SCREENING INFORMATION

上映情報

DELIVERED INFORMATION

配信情報
■2016.04.07 スマートフォンアプリの
 配信時期変更のお知らせ
『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality
Diver』スマートフォンアプリの
配信時期につきまして、2016年夏以降に
変更をいたします。
制作の過程で当初の想定を越える
15分以上の作品となり、映像の高解像度化と
アプリ容量の軽量化が現在大きな
課題となっております。
お客様に最適な映像を体験いただくため、
アプリプログラムの開発にさらにお時間を
いただく判断をいたしました。
配信開始を楽しみにされていた皆様には
大変申し訳ありませんが、今しばらく
お待ち下さいますようお願い申し上げます。
正式な配信時期は決まり次第、
お知らせいたします。

・Google Play 価格480円(予定)
・AppStore 価格480円(予定)

■2016.04.07 PlayStation®VR
 等への対応について
株式会社ソニー・インタラクティブ
エンタテインメントのVRシステム・
PlayStation®VRなどのハイエンドVR
ユニットへの対応を現在検討中です。
対応時期などの詳細は決まり次第、
お知らせいたします。
(「PlayStation」、「プレイステーション」
および「PS4」は株式会社ソニー・
インタラクティブエンタテインメントの
登録商標です。)

Cast

【Motoko Kusanagi】Maaya Sakamoto 【Batou】Kenichirou Matsuda 【Logicoma】Miyuki Sawashiro 【Okitatsu Oribe】Ryouta Takeuchi 【Yuri】Sayaka Ohara

Staff

【Based on the Manga by】
Shirow Masamune
【Creative Director】
Nobumichi Asai [WOW inc.]
【Construction】
Junichi Fujisaku [Production I.G]
【Character Design】
Kazuchika Kise [Production I.G]
【Planning】
Production I.G
【Director】
Hiroaki Higashi [stoicsense inc]

see all

CONTACT

お問い合わせ
『攻殻機動隊新劇場版 VirtualRealityDiver』に関するお問合わせは下記 メールアドレスまでお願い申し上げます。
HMDによる体験イベントや、ドームシアター設備持込による上映のご相談も 受け付けております。

info@sign.site
  • SIGN
  • Production I.G
©士郎正宗・Production I.G/
講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

攻殻機動隊 新劇場版

ページトップへ

Cast
【Motoko Kusanagi】Maaya Sakamoto 【Batou】Kenichirou Matsuda 【Logicoma】Miyuki Sawashiro 【Okitatsu Oribe】Ryouta Takeuchi 【Yuri】Sayaka Ohara
Staff
【Based on the Manga by】Shirow Masamune 【Creative Director】Nobumichi Asai [WOW inc.] 【Construction】Junichi Fujisaku [Production I.G] 【Character Design】Kazuchika Kise [Production I.G] 【Planning】Production I.G 【Director】Hiroaki Higashi [stoicsense inc] 【Producer / Technical Director】Nobumichi Asai 【Art Director / CGI Producer / CGI Superviser】Hiroaki Higashi 【Music】Hideaki Takahashi 【Sound Effect】Mizuki Ito 【MA Mixing Engineer】Kazuyuki Ito [KISSonix] 【Script Adviser】Keisuke Azuma [MMJ], Yasuro Ito 【CGI Director】
Kazuya Sakagami [N-DESIGN], Masahiro Nakazawa [SANTY],
Shunsuke Ohyama [digidelic], Jitsuhisa Shibata [UNIT]
【Lead Charactor modeler】
Kentaro Koyaku [PictREGO], Takehiko Hoashi [studio picapixels]
【Lead Environment modeler】
Yota Tasaki [Khaki], Hirokazu Yokohara [Khaki], Masamitsu Nakamoto [UNIT]
【Digital Artist】
Lennart Kula [bitCLAY], Shinya Onda [studio picapixels], Misa Goto [studio picapixels],
Shunsuke Imaizumi [studio picapixels], Takahiro Yamaguchi [SANTY],
Motoya Shimada [digidelic], Yuji Kojima [digidelic], Tomoaki Yamamoto [N-DESIGN],
Airi Kikuchi [N-DESIGN], Takeshi Toyoda [BUHISTAR INC.],
Keisuke Sekii [digidelic], Daiki Aizawa [digidelic], Yutaka Inoue [digidelic],
Shingo Tonehira [digidelic], Yasuko Nagata [N-DESIGN], Toshiya Akahori [N-DESIGN],
Kei Iiduka [UNIT], Tatsuki Fukushima [UNIT], Kouya Masubuchi [UNIT],
Haruhiko Shono [WILL], Hiromi Aoyanagi [WILL], Yoshihisa Okano [N-DESIGN],
Rintaro Fukuda [N-DESIGN], Yoichi Morishita [N-DESIGN]
【Rigging Supervisor】Richard Haw [Attic] 【Lead Rigger】Shinji Ameda [Attic], Masahiko Takaramura [N-DESIGN] 【Rigging Assistant】Tamae Sasamoto [Attic] 【Mocap Techinical Director】Sakura Munakata [MOZOO INC.] 【Mocap Animator】Yusuke Kita [MOZOO INC.] 【Mocap Editor】
Saki Sato [MOZOO INC.], Tsuneaki Yamada [MOZOO INC.],
Haruka Ishihara [MOZOO INC.]
【Mocap Staff】Natsuki Sunohara [MOZOO INC.] 【Action coordinator】Tatsuro Koike [ALPHA STUNTS] 【Wireaction】Akihiro Noguchi [ALPHA STUNTS] 【Motoko】Masahumi Oishi, Kaori Kawabuchi 【Batou】Minoru Tomita [AAC STUNTS] 【Suspect】Kaiji Soze 【Armored Suit】Hiromi Sinjyo [ACFactory] 【Production coordinator】
Yoshihiro Komatsu [Attic], Takuya Fujita [N-DESIGN], Shiho Kato [N-DESIGN]
【Sound Director】Yoshikazu Iwanami 【Recording】Hitoshi Yamada 【Dialog Effect】Takayuki Yamaguchi 【Dialog Editor】Yuko kai 【Sound Production】Jinnan Studio 【Sound Production Manager】Shuhei Abe
SIGN Members
【Creative Director】Nobumichi Asai [WOW inc] 【Technical Director】Toshiyuki Takahei [ORIHALCON Technologies] 【Technical Producer】Satoru Itoya 【Executive Producer】Mikio Gunji [Production I.G] 【Producer】Atsunori Maeshima [Production I.G] 【Assistant Producer】Hiroyuki Ogino [Production I.G]

Produced by SIGN, Production I.G

VR TEASER

※クリックで動画のURLをメールで送信します。

スマートフォンのYoutube公式アプリで立体360°VRによる電脳ハック体験が
お楽しみいただけます。
(iOSは非立体360°表示となります)

立体視の視聴について 立体視を行うにはGoogle CardboardなどのVRゴーグルが必要です。
Google Cardboardについてはこちら。
https://www.google.com/intl/ja_ALL/get/cardboard

視聴方法 1.動画再生時に画面のCardboardアイコン をタップすると映像が2つに分割されます。
2.その状態でスマートフォンをGoogle Cardboard等のVRゴーグルに挿し込みます。
3.辺りを見回すようにして、動画を全方位見渡すことができます。
※wifi環境でご覧下さい。回線状況によっては画質が低下することがあります。